マナー

知っておきたい食事マナー【④中国料理編】中国?中華?4代料理ってナニ?

やんとし
やんとし
どうもー!
ラーメンと言えば家系!
必ずライスをつけるやんとしです。

今回は第四弾の食事マナー編。
やんとしが勤めている料理スタイルの中国料理についてです🍜

過去記事は以下をどうぞ☺

知っておきたい!食事のマナー【① コース料理編】どうもー! やんとしです。 今回は食事における意外に知らないマナーなどをいくつかのパートに分けて、 お話していきたいと思い...
知っておきたい食事のマナー【② 料亭編】 今回は前回のコース料理のマナーに続き、 料亭での食事マナーについてご紹介いたします。 過去記事は...
知っておきたい食事のマナー【③寿司編】醤油はネタにつける?シャリにつける? 今回はマナー編の第三回! 過去はこちらをご覧ください! https://yantoshi.com/2021/05/0...

やんとしは横浜出身ということもあり、
中華街や近所のラーメン屋、中華料理に行くのも定番でした。

グルメの巨人 ド・フゥ
グルメの巨人 ド・フゥ
また横浜アピール、、、

皆さんにもだいぶ馴染みのある料理の一つではないでしょうか??
ラーメン、餃子、麻婆豆腐にチャーハンなどなど
もはや日本人のほとんどが大好きといっても過言ではないですよね!

ちなみに中華料理と中国料理の違いは定義がはっきりとはしていませんが、
よく中華は、日本人に合うようにアレンジされた料理のことを指し、
中国料理とは、中国各地方の本格的な料理を指すと言われてます。

最近はホテルや中華街などでも、各々の皿に盛りつけて出すお店も多いですが、
伝統的なスタイルは大皿に盛り、お客さんで取り分けるスタイルです。

取り分けの際や回し台の使い方などルールを知ることで料理もより楽しことができると思うので、
是非この記事を読んでより中国料理を楽しんでいきましょう!!

今回の記事はこんなかたにおすすめ

・中国料理のマナーを知りたい。
・より中国料理を楽しみたい。
・接待で行く予定があるが、どうしていいか分からない

読んだ後、新たな学びと食欲が刺激されるような記事にしていきます。

 

グッドマナー

持っていいのは茶碗とレンゲ

和食と同じく、箸で食べるものだが、器を持たないのが中華!
ご飯茶碗以外はテーブルに置いたままいただきましょう!

回し台は時計回り

中華料理のターンテーブルのイラスト(料理付き)

円卓の真ん中にこんな台を見たことありませんか??
これは、シェアスタイルの料理を分けやすく、
食事をスムーズに進めるようにする回し台です。

右回りにゆっくり回すのがルール

この台は料理をシェアするためにあるので、
飲み物やカメラなど向かい側の人にものを渡したいときに使わないように気をつけよう。

回し台があるときは取り分けない

それぞれが好きなものを好きなだけとれるように回し台があるので、
自分の分だけ取って回していきましょう!

ターンテーブルで中華料理を食べる家族のイラスト

バッドマナー

スープのお椀に口をつける。

器を持たないのはスープでも同じ。
テーブルに置いてレンゲですくって飲むのがマナー

点心にかぶりつく

コンビニの肉まんのようにかぶりつくのは実はNGなんです!
一度で口に入らないものは、手や箸で一口大にしてから食べよう!
肉まんは手で割ったり、春巻きも箸で切っていただきましょうね☺

肉まん・中華まんのイラスト

4大中国料理とは?

めちゃくちゃ広い中国は、地方ごとに料理も全く違います。
多様なスタイルは中国料理という括りではまとめられないほど!!
中国を代表する4地方の料理の特徴を紹介!

北京料理

宮廷料理が有名。寒い地方のため、体を温める為に羊肉を使った火鍋や水餃子などが有名

グルメの巨人 ド・フゥ
グルメの巨人 ド・フゥ
あとは北京ダックも欠かせないわよね
北京ダックのイラスト

上海料理

港町であることや長江の影響から新鮮な魚介類を使った料理が多い。
小籠包や豚の角煮などは上海が発祥です。

グルメの巨人 ド・フゥ
グルメの巨人 ド・フゥ
9月以降の上海蟹の季節はたまらないわよ
小籠包のイラスト

四川料理

唐辛子と山椒をふんだんに使った辛い料理が発祥の地。
湿気が多く発汗することで体調を整える効果もあり、辛い料理が多くなっております。
麻婆豆腐や担々麵などは日本でも大人気ですよね!!

麻婆豆腐のイラスト

広東料理

山海の幸に恵まれた土地柄であっさりとした癖のない味付けが特徴です。
健康面を意識した漢方料理も多いです。
点心類と中国茶を楽しむ飲茶発祥の地。

グルメの巨人 ド・フゥ
グルメの巨人 ド・フゥ
かに玉やふかひれスープなどは優しい味付けで絶品よ
カニ玉のイラスト

まとめ

今回は中国料理のマナーと四代料理についてお話ししました。
中国料理の捉え方や楽しみ方について
また違った視点を持ってくださると嬉しいです。

今回もファンがいくつか用語集にまとめてくれているみたいなので
是非チェックしてみてください!

リサーチの巨人 ファン
リサーチの巨人 ファン

ではまた!次の記事で会いましょう!!